• 商品一覧
  • はじめての方へ
  • 発送について
  • 会社概要
  • お問い合わせ

分づき米について

胚芽とは?

◎胚芽とは?


今回は「胚芽」について

お話ししていきたいと思います!



いづよねでは、

分づき米(いわゆる3分づき、5分づき、7分づきなど)を

オススメさせていただいておりますが、

それらは玄米の周りのヌカ層を少し削って、

胚芽を残している状態のお米のことです。




その「胚芽」とは一体何でしょうか?

また、そこには何が入っているのでしょうか?



前提として、


イネの籾(もみ)から籾殻(もみがら)を取り除き、

果皮、種皮、糊粉層(アリューロン層これがお米の旨味成分が多い層です

胚芽(胚)を削り取ったものが、

【白米】です。



そのため、玄米の重さを10キロとすると

白米は玄米から周りのヌカを1割程度削っているので

仕上がりは9キロの白米になります。



胚芽精米(分づき米)とは

特殊な精米機で、

果皮、種皮、糊粉層(アリューロン層)のところだけを削り取って、

胚芽は80%以上残るように精米したお米のことなのです!



白米の米粒を見ると、くぼんでいる部分がありますよね。

胚芽はもともと、

そこにくっついているもののことをいいます。


大きさはとっても小さいですが、

そこにはたくさんの栄養素が詰まっています😊



胚芽には、脂質が多く含まれています。




ビタミン類は脂質に溶けやすい性質を持っているので

胚芽にはビタミン類が多く含まれます。


その中でも特に、ビタミンB1が多く、

可食部100gあたり、0.23㎎で、

白米の約3倍の量が含まれているのです!



余談ですが、

ビタミンB1の摂取量が減ると、脚気になることが知られています。

江戸時代中期、

江戸や大阪など都市部の庶民たちは

白米を食べられるようになったが、

それが原因となり

脚気が蔓延した、という話もあるそうです。



脚気(かっけ)とは・・・

◆全身の倦怠感

◆食欲不振

◆手足のしびれ、足のむくみ・・などの症状の病気のこと



脚気になると末梢神経や中枢神経が冒され、

足元がおぼつかなくなったりするほか、

重症化すると心不全を起こして死に至ることもあります。



※通常、

人の膝の下をたたくと

足がはね上がりますが(膝蓋腱反射[しつがいけんはんしゃ])、

反応しない場合は、脚気の疑いがあります。



当時は、これを「江戸わずらい」と呼んでいたそうです。

当時の人々は一汁一菜が基本で、

ご飯を大量にとり、おかずの量も数も少なかったことも

ビタミンB1不足の原因となっていました。



小さな胚芽には、

かつての国民病を治す栄養素が詰まっているのですね😌



「玄米にいきなり挑戦するのは、勇気がいる・・・」

そんな方にこそ、

分づき米(胚芽米)は試していただきたいです!!!




いづよね

コメントする

名前

URL

コメント

  • はじめての方へ
  • お客様の声 みなさまから寄せられたお声をご紹介!
  • ご相談はこちら こんな事できるの?などお問い合わせください。
  • いづよねFacebook
  • ご利用案内
  • 送料無料S
  • もちもち玄米・小
  • 公式サイト

自己紹介

当店は今から130年ほど前に泉 米蔵が創業いたしました。
現在はひ孫にあたる川崎恭雄が店主をさせていただいております。

お買い物をされる前に私のお米への想いを聴いていただけると嬉しいです。

私は数年前に背骨へバイ菌が入り筋肉が化膿し高熱と激痛で炎症反応の数値が21を示し緊急入院しました。

もっと詳しく

店舗紹介

株式会社いづよね

〒657-0034
神戸市灘区 記田町2-3-18
TEL:078-821-2502
FAX:078-851-6624
MAIL:info@yonezou.com

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ